◆◇ 「志」を顧みる ◇◆


「大欲は無欲に似たり(たいよくはむよくににたり)」
という言葉について皆さんで考えました。
この言葉は徒然草の一節にもあり、意味は
大望を抱く人は小さな利益などには目もくれないから
かえって無欲に見えるということ。
欲の深い人は欲に惑わされ、結局は損を招くので、
無欲と同じ結果になってしまうということ。
私たちは人生の中で、進学や就職、結婚など様々な分岐点をむかえます。
その時の強い願いや思い、希望を抱き、その目標へ向かう選択をします。
「願い」や「思い」は利己的であれど 
私たちがある方向へ向かうための源です。
また望み通りにやり遂げ、達成した喜びを感じつつ維持する大変さも経験し
「願い」や「思い」を持ち続けることが出来る人もいます。
それは最初の「思い」あるいは目標に向かい、ひたすらに生きているので
その過程で起こる不都合なことやウマい話には目もくれません。
しかしやり遂げる過程で降りかかる困難に負けてしまう人もいます。
またやり遂げても「こんなはずじゃなかった」と現実との違いに落ち込み
悩み、挫折することもあります。
そんな人の「思い」には きっと期待や条件が多く 「欲深い目標」に
なっていたのかもしれません。
同じ「目標」でも、それぞれの違いは何でしょうか?
「自分の選択(目標)が間違っていた」わけでもなく
「社会や周りが自分を認めていない」わけでもなく
「運や才能がない」わけでもない
最初に抱いた「志」が本物であったかの違いかもしれません。
達成した「思い」や「願い」「目標」がもし憧れが強く、条件が多ければ
現実に目を向けることが苦痛に感じるのではないでしょうか。
もし なりたかった自分や地位に向かい 達成した自分に 現実に
虚しさを感じることがあれば、最初の「思い」や「願い」
あるいは「志」はどうであったか
純粋であったか、いろいろな条件や期待だらけではなかったか
初心にかえり、こころを見つめなおすことが必要かもしれません。