◇◆ 「思い」のエネルギー ◆◇


普段私たちは、心で思っていても行動に移すことが難しい事ありますよね。


たとえそれが人にとって、世の中にとって、自分にとって善い事であっても。
様々なしがらみや周囲からの目、現実から逃避している罪悪感・・・
想像や予想でき得る限りの「都合悪いこと」に思いを巡らせてしまいがち。


そしていざ行動をおこしても慎重になってしまい、似たような場面になると
「どうせ」「やっぱり」と尻尾を巻いて逃げる、なんてこともしっぽフリフリ


そんな時、無意識に心の中で「悪い状況をイメージ」していませんかはてなマーク


そのイメージは「不安」「恐れ」を『思う』気持ちから想像されてますラブラブ

この『思う(願う)・(人を)想う・祈る』というこころの行為ドキドキ


これは全て私達の持つエネルギーであり、パワーの源といわれます晴れ


私たちはこのエネルギーにより行動を起こし、未来を変えて行くことが

できます馬


その行動の根本にある、私たちを「突き動かすもの」なのだそうですアップ




なのでその気持ちが「悪い想像」や「不安」より勝る時筋肉キラキラ

私たちはその方向へと向かう行動をとるのだそうです走る人



目に見えないエネルギーが、目に見える形を成すわけですね黄色い花



そして追求し行動し続ける、つまりひたむきな『思い』が行動となり
たとえトライ&エラーを繰り返しても、いつしか結果が伴うリンゴ



そして「悪い想像」や「不安」を超えるほどの『強い思い』でないと
ひたむきに行動できず、願った方向へは向かわないそうですショック!



これを単に「引き寄せの法則」と呼んでいる人もいるそうですU型マグネット



きっかけは『思い』というエネルギーメラメラ

そうすると『思う』ってすごいエネルギーなんだと思いませんかはてなマーク

といっても“欲しいもの”や“好きな人”“食べたいもの”を一日中心の中で
願ったり、祈り、待つと叶いますよ、ということではありませんよーガーン


ちなみにヨガでこのエネルギーを「プラーナ」と呼び「氣」とも言います台風
地球上の植物、人間のように目に見える物質、心のように見えないもの
また善・悪、宇宙空間に在る全てに存在するともいわれています流れ星


例えば、原子力のように始めは生活の利便性を高めるために研究者たちが
ひたむきな『思い』で発明した「善い事」でも、今となっては「悪い事」にも
なる『思い』の強さで、様々なものはこの世に存在しているようです。

またこのエネルギー行動を起こそうとする時、正しく向ける方向性とは

その先に「調和(協調性)」「繁栄(進化)」が伴うかどうかを

判断基準とすれば、不調和や不穏な結果は招かないとも言われますそうだ!



不調和や不穏をもたらす結果とは、 『思い』利己的であった場合です。
自己中心に都合よく『思い』通りにエネルギーを向けることです手裏剣

そんな事、なんだか「理想論」か「絵空事」のように感じているあなたも
私たちも皆、実は『思い』のエネルギーの結果の経験者なのですにひひ音譜

例えば、お正月にお賽銭を入れてお願いごとをするのは何故ですか神社

少しのお金で、お願い事を叶えてもらうなんて都合いいですよね¥

ですが個々の『思い』を神様に願い、誓い、果たそうと

私たちは行動しませんかはてなマーク

受験や資格試験に対して勉強したり、昇進やお金を稼ぐために仕事や

人間関係に努力しますメモ


実は『思い』を行動するのも結果を出すのも自分です。


そうなると神様のせいにしたり、高額な賽銭はおかしな話ですねキノコ




さて皆さんは今まで行ってきた仕事や部活、試験などを振り返ると


行為一つ一つに対する『思い』のエネルギーを計りしることが

できるかもしれません虹キラキラ