◇◆ 自分の癖<その1> ◆◇


先日「自分の癖」についてお話しする機会がありました音譜


私も日頃「あーまたしてしまった…」などの悪いと
わかっていてもしてしまう事いっぱいあります(;^_^A


決まって「意志が弱いなー」とか「自分に甘いなー」と
思いつつ、繰り返してしまうこと、日常茶飯事ですにひひあせる


そんな皆さんもよくある「癖」いろいろ出ましたひらめき電球


「物が捨てられない」
「必要以上に食べてしまう」
「タバコがやめられない」
「常に他人の目が気になる」
「必要以上に心配性である」…


「わかっているのにやめられない、止まらない」こと
私も他の方の「癖」も自身に当てはまること
聞きながら、あーそうそう、と共感してました(笑)


そもそも「癖」とは、


①意識しなくても自然にやってくる。
②常に同じことを繰り返す。
③心の潜在意識が勝手にする。


そして


①もとに戻しにくい
②かたよった嗜好


という《特徴》があると呼吸の第一人者とよばれる
加藤俊朗先生が著書の中で仰ってます本


この「癖」一概に悪いものだけではないのですが
いわゆる「習慣」として繰り返されますよねはてなマーク

時に物質的な、目に見える物への執着として
また心理的に「無意識」に繰り返す行動として…


その繰り返しの中で少しでもストレスを感じるなら
それはあなたにとって「悪い癖」かもしれませんひらめき電球


最初はそのストレスが小さな塵だったとしても
無意識に繰り返すと次第に埃のように積み重なり
その大きく育った塊はご自身を苦しめたり
身体の不調をもたらす原因となるそうです叫び


それにまず「気づく」と生活が変わりますよねはてなマーク
「悪い癖、習慣」になってないか振り返りますよねはてなマーク
埃を見つけたら、掃除するようにキラキラ


せっかく今回は皆さんで話し合う機会でしたので

「自分はこういう癖があるけど、こうしてみた」
という経験談や

「繰り返さないように、目標を立てた」
という実行中のご意見

「改善することに成功した。」
「以前はそういう癖があった」

などなど、実際に改善した報告もありましたぱちぱち合格


それでふと感じたことえっ

【その1】

気づいていないことも含めたら、私たちはどれほどの
「癖」があるのでしょうか。

そして意外と私たちは自分の「癖」を知っていても
どれだけ知らないふりをしていることでしょうか


たくさんあればあるほど、埃がどんどん溜まっていても
汚いお部屋でも気にしてないってことです(笑)叫び

【その2】

経験談やアドバイスを聞いていると「程度」を
加減すれば良いということ。

なんでも過剰に行うと本来良いものも「悪」になること

香水の付け過ぎ、のように香水




皆さんにお話しいただいた「自分の癖」は本来
「物を大切にすること」であったり「ストレス発散」
「人間関係の調和」
を考えた、社会生活でとても
大切な基本的なことではないかな、と感じます。


ただ加減を間違えてしまうと「悪い癖」になってしまうてんびん座


そんな「知らないふりをしている自分」に気づいたり
あえて書き出してみたり、自分の「癖」について
少し光を当ててみると、自分自身のことを
ちょっとだけ理解できるかもしれませんひらめき電球キラキラ


それが善し悪しではなく、その「癖」のバランスを取る方法
を考え、日常で加減すれば、ココロに埃もたまらず
自分らしく過ごせるのかもしれませんねビックリマーク

もし、ご自身の「癖」のせいでココロに埃が溜まっていたら
きれいに掃除、整理整頓してみましょう虹キラキラ


とある品川区の心療内科スタッフブログ-danshari