「ネガティブ・バイアス」への対処法

前回は「ネガティブ・バイアス」と呼ばれている

心のメカニズムについてをご紹介しました。

詳しくは前回を読んで頂けたら…と思いますが、

簡単に説明をしますと、

私たちは、等価値の良い出来事と悪い出来事を体験した時に、

悪い出来事の方をかなり重く比重を掛けて受け止めてしまう

という内容でした。

その比重は「良い出来事:悪い出来事=1:3~10」とまで言われているのです。

 

この誰もが持っている「ネガティブ・バイアス」というものと、

上手に付き合っていく(=対処していく)方法を、

本日はご紹介したいと思います。

ストレス対処としてもきっと役立つことでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

まず一つ目の方法です。

例え「良い出来事:悪い出来事=1:10」の方であっても、この方法は使えます!

 

一日の終わりに、どんな些細なことでも構わないので

今日あった良い出来事を10個書き出す』のです。

例えば…、

「今日食べたランチが美味しかった」

「今日着ていた服を褒められた」

「運よく雨に降られずに済んだ」などなど…。

このような些細なことで構いません。

朝から自分の辿った道筋をゆっくり思い返してみましょう。

すると、不思議と10個は『良かった出来事』があったことに

気がつかされることでしょう。

 

ノートやメモ帳に書き出していくのも良いでしょうし、

寝る前に、ベッドの中で思い返すのも良いでしょう。

特に後者だと、

『今日もこんなに良い出来事が自分に起きていたんだなぁ…』と

良い気持ちで睡眠に入ることが可能になります。

 

 

 

 

 

 

このように私たちは、日常起きている『良い出来事』を、

案外素通りしてしまっていることが多いのです。

もしかすると、もはやその良い出来事を『当たり前のこと』として

認識してしまっていることすら有り得ます。

『良い出来事』に対して、

その場その場で、きちんとキャッチをしていきたいものです。

 

Presented by. あなたの悩みとストレスを解消するJ戸越銀座クリニック