『リワークは、医療機関での治療を続けながら受けるのでしょうか?』

今回お答えする、リワーク(復職支援)プログラムに関するご質問は、


リワークは、医療機関での治療を続けながら受けるのでしょうかはてなマーク


というものになりますひらめき電球





一般的にリワークは、精神科・心療内科の医療機関で、


医師による投薬治療と平行して行なうケースが多いと言えます。


何故なら、リワークを必要とされていらっしゃる患者様の殆どが、


会社やご家庭でのストレスにより、


何等かの病気(例:うつ病等)を発症されてしまわれために、


ご休職に至っていらっしゃるからです。


そういった意味でも、ご病気を医師の正しい診療の下、きちんと治す必要がありますひらめき電球




加えて、休職される際に、患者様は必ず、医療機関において


「(休職のための)診断書」を発行してもらい、


それを会社様ご提出されていることと思います。


従って、復職(復帰)される際にも、大抵の企業様では、


「(復帰のための)診断書」の提出が求められますビル



そして、“仕事に復帰をされるのに充分な程度の回復が見られます


といったことに対して、客観的な判断を下し、診断書を執筆するのも、


医療機関の医師の役割となります病院




また、リワークは主に、臨床心理士や精神保健福祉士による集団精神療法であり、


医師による投薬治療とは全く異なるものです。


医師臨床心理士(あるいは精神保健福祉士)により、


両面からの治療を行なうことは、


患者様の回復を加速させると共に、「再発防止」にも効果があるのですラブラブニコニコ

Presented by J戸越銀座クリニックJ品川クリニック



sigoto