『P.F.ドラッガー』の言葉ⅩⅣ

『専門家にはマネジャーが必要である。


自らの知識と能力を全体の成果に結び付けることこそ、


専門家にとって最大の問題である。



専門家にとっては、コミュニケーションが問題である。

自らのアウトプットが、他の者のインプットにならない限り、


成果は上がらない。



……専門家は、専門用語を使いがちである。


専門用語なしでは話せない。


専門家とは、理解してもらってこそ初めて有効な存在となる。



専門家は、


自らの顧客たる組織の同僚が必要とするものを供給しなければならない。



このことを専門家に認識させることこそが、


マネジャーの仕事である。


組織の目標を専門家の用語に翻訳してやり、


逆に専門家のアウトプットを


その顧客の言葉に翻訳してやることも、


マネジャーの仕事である。』



by.P.F.ドラッガー著『マネジメント』より



Presented by J戸越銀座クリニック&J品川クリニック


専門家