【プロテイン】の意味をご存知ですか?

たんぱく質が重要であることは前回のブログでお伝えしました。

たんぱく質は、またの名を「プロテイン」と呼びます。

 

プロテインの語源は、諸説様々ありますがその一つに、

 【生命を司る神=プロテウス=1番大切なもの】というラテン語が語源になっている

と言われているそうです。

 

プロテイン=たんぱく質は、生命を司るために一番大切なものであることは、

栄養学という学問が発展する前、古来から理解されていたようです。

 

大切なたんぱく質は、何から補給するのが良いでしょうか?

たんぱく質は漢字で「蛋白質」と書きますが、中国語で蛋白は、卵の白身のことを言います。

 

実は、たんぱく質の中で一番体内の利用効率(プロテインスコア)が高いと言われている食材が、「卵」となのです。

 

たんぱく質を補給するなら、「卵」が一番!お分かりいただけましたか?

 

J戸越銀座クリニックでは、ご希望の方に分子栄養学に基づく栄養カウンセリングを行い、患者様のお身体とお心が元に戻られることを応援しております。

 

Presented by J 戸越銀座クリニック