うつ病と身体的痛み

現在ではかなりよく知られるようになりました「うつ病」。

 
うつ病と言えば、代表的な症状として…
 
・睡眠の障害(入眠困難・途中覚醒・覚醒困難・過眠など)
・気力(元気)が湧かない
・罪悪感を持つ
・興味・関心の低下(喪失)
・集中力の低下
・食欲の障害(食欲低下・過食)
・頭の中がまとまらない(精神的緩慢)
・希死念慮
 
…といったものが挙げられます。
 
上記の症状例を見ると、
「心身」で言うところの「心(精神面)」に焦点が当たっているように感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
実は、うつ病の中には、上記のような精神面の症状が出にくいタイプの方もいらっしゃいます。
 
一見すると、身体症状の方が目立って表出しているため、
“分かり易い”うつ病の症状が隠れてしまていることから、
仮面うつ病」とも呼ばれるタイプの方がそうでしょう。
 
例えば、激しい頭痛(偏頭痛)、神経痛、眩暈、
消化器(胃腸)症状、身体(皮膚)感覚の異常、
全身の倦怠感、慢性的な疲労……等々がそれに当たります。
 
当然ながら、こういった症状に悩まれる方は、
まず消化器科、内科、耳鼻咽喉科、頭痛外来を訪問されることでしょう。
そして、そこで精密検査を行われるかと思います。
 
ただ中には、幾ら検査をしても「何も異常ありませんね」と言われ、
しかし、身体的な痛みは確実に有る(感じている)!ので、
「そんなはずはない。何か見落としがあるのではないか?」と思い、
別の外来を次々と訪問せざるを得ないという方はいらっしゃられないでしょうか?
 
“痛み”の原因が分からないこと
もしかすると、これは原因不明の大病なのではないか?とまで考えて、
ご自分を追い詰められてはいないでしょうか?
 
そんな方は、一度ぜひ心療内科や精神科を訪問されることをお勧めします。
何故なら上記のように、「うつ病」によって、
精神的な症状ではなく、身体的な症状
つまり身体の“痛み”のみが顕著に引き起こされることが実際にあるからです。
そしてそれらは、正しい治療や投薬により、必ず改善されることでしょう。
 
頭の片隅に置いて下されば幸いです。
 
Presented by. 医療法人社団J戸越銀座クリニック