うつ

あなたの生活の中に“うつ”が隠れていませんか?


ストレスの多い現代社会で、うつ に悩む患者さんは年々増えています。近年の調査で15人に1人が生涯に一度はうつ病になる可能性があると報告されています。

しかし、うつ病できちんと治療を受けている人はそれほど増えていないのが現状です。その原因は、うつ病が風邪などのようにはっきりとした症状があらわれるわけではなく、病気と気づきにくいためです。また、なんとなく気分がすぐれない、からだがだるいといった症状がズルズルと続き、知らず知らずのうちに悪化していってしまいます。このため、うつ病はすこしでも早いうちに適切な治療を受けることが大切です。

あなたの中に隠れている”うつのサイン”に気づいてください。

うつ病は気分が落ち込んだ状態が何週間もっずっと続く病気です。うつ病 になると、気分の落ち込みに加え、考える力や決断力が低下したり、からだにもさまざまな症状があらわれるという特徴があります。
また、物事に対する意欲もなくなるため、こらまで楽しんでいたことが楽しめなくなったり、普通にできていたことが億劫に感じられるようになります。
うつ病の症状はその方によって異なりますが、それぞれの世代ごとにうつ病の症状や日常生活への影響などはにた傾向があるようです。


集中力がなくなった、ミスが増えた、寝つきが悪い、途中目が覚める、逆に寝すぎる、ちょっとしたことで涙が出る、何をするにも億劫、イライラする、家事ができない、人に悪口を言われているような気がする、自分を責める、物忘れがひどくなった、不安や焦り、健康やお金の事が必要以上に不安 、時に消えてしまいたいと思う時がある、悲しい、寂しいと周囲の人にこぼすようになった・・・など


いくつかあてはまる場合は、一人で悩まず相談してください。うつ病は気の持ちようや考え方の問題ではありません。やる気が出ない、物事が思うようにできない、からだが重い。あなたの生活にこれまでと違ってきている、と感じたら、それは一生懸命に頑張りすぎたあなたに、こころやからだが”うつのサイン”を出しているのかもしれません。
いつものあなたを取り戻すために、まずは医師ご相談ください。


           

            J戸越銀座クリニック /  Jカウンセリング