ショートケア月曜:ヨガ9回目

3月12日(月) ショートケア ヨガ9回目 でした音譜

今回もまた、参加者は少人数で、

季節の変わり目で、みなさん、体調・気分が安定しないのかな?と

思ったりしました。


少人数制で、

まったり、ゆっくり、ヨガを楽しみましたラブラブ


最近は、

ヨガの後に、

プリントを用いたワーク(100マス計算など)を行うのではなくて、

談話音譜して過ごす、ことも多いのですが、


その際に今回は、

マラソンの話になりました。

マラソンを体験されている参加者の方がいらっしゃるのですが、

その具体的な話をここで取り上げるのは、

プライバシーに関わる可能性がありますし、

その方に許可を得てもいないので差し控えたいので、


もうすこし、広い、一般的なお話としての、

マラソン、というテーマで記しますが、


よく、

マラソンは人生の道のりと同じ

といった表現がなされると思いますが、

今回のみなさんとの談話で、

あらためて、というよりは、

いよいよ実感をもって、

マラソンは、人生の道のりと同じだなぁ、と

思わされました。


とても速いスピードで走る人もいるし馬

ゆっくりマイペースの人もいるかたつむり


途中で歩くい人もいる。


途中で、時間制限が設けられていて、

リタイアする人もいる。


仮装しながら楽しむ人もいる。

観客を楽しませる人もいる演劇


自分で目標タイムを設定して、

それに向かって、計画的に走って、

達成を喜ぶ人もいるニコニコ

達成できずに悲しむ人もいるしょぼん


仲間と一緒にレースに出て、

会話しながら楽しむ人もいる。


道で応援してくれる人の声に、

励まされて、次の一歩を踏み出せる人が多くいるチューリップピンクチューリップピンクチューリップピンク


様々な走り方がある。


それぞれの人が、

その人らしく、

一歩ずつ歩みを進める。


そして、

それぞれの、どれ一つ同じものはない、終わりを、迎える。


そのような走り方であっても、

どのような終わり方であって、

それぞれ、かけがえのない、二度と同じ走りはないもの、です。


こうしてブログを書いている私の時間も、

人生というマラソンの最中の、一歩、数歩、です走る人



みなさんが、これを読まれていることも、

貴方(その方)にとっての、

人生の、一歩、数歩、です走る人



わたしたちの、一つ一つの、行動、言葉、思うこと。


その一つ一つが、

人生の一歩、一コマで、

とても大事なもので、

それにたいする慈しみのようなものを、感じましたキラキラ


          J品川クリニック  J戸越銀座クリニック