スイスから(24) ~哲学する~

みなさん、こんにちは!音譜
春を通り越して、
日本は梅雨雨ですね!
すっかりご無沙汰してしまって、
「あれ、まだスイスから、続いてたの?」と思われそうですね叫び
すみません。ガーン
今回を含めてこのスイスシリーズはあと6回で終了します!ベル
ということで、さいごはよろしく、
ここからはノンストップで、毎週、スイスからブログアップしますね宝石ブルー
さて。
私はそもそも哲学にも興味があったのですが、
私の考える哲学というのは、
自分の頭で考えることであり、
そのためにいわゆる学問としての哲学が役に立つなら、
学べばよいのだと思っています。
スイスで出会った日本人の一人が言っていました。わんわん
「日本は情報過多になっている気がする
 それで、みんな選べなくなっていることが多いのではないか」と。
私もこの意見に賛成です。旗
みなさんは日本に身を置きながら、
どう感じられますかはてなマーク
私の知人の意見とか私の意見がどうこう、なのではなく、
みなさんご自身がどう考えるか、が重要です。OK
以前耳にしたことのある表現、
「哲学する」。
その姿勢が大事だな、と思います。
たとえば、私がここに記した以上の内容自体について、
みなさんが、賛成いするか反対するかは、
当然、100%みなさんの自由です。FREE
私とディベートしたり、喧嘩したりする必要はなくて(笑)、
そうではなくて、自分がどう考えるか、が大事です。
情報や人の意見を聞いて、
自分がどう考え、どう思うか、です。宝石緑
溢れる情報を自分で取捨選択し、
自分で自分の人生を決めていく力強さが求めらている気がします。
では、のこり5回です!
カウントダウン開始ベル

presented by
J戸越銀座クリニック

J品川クリニック