スイスから(27) ~誰が?~



8月ですね船

さて、今回のテーマは ~誰が?~ です。

みなさん、
何かしゃべったり、行動したりするときに、
「自分が」そうしている、と思っていますよねはてなマーク

果たしてそれは、事実でしょうかはてなマーク
あるいは、問いを交換すると、
「自分」って、だれのことですかはてなマーク何のことですかはてなマーク

たとえば、
最近(ここ10年位)の脳科学の研究からは、
人間が意識的に判断する数秒前に、
脳は既に判断を下している
と分かっているそうです。
(数秒前というのは0.5秒とか7秒とか、議論の余地がある

 ようですが、いずれにしても、脳の判断が意識よりも先、です)


意識とは何でしょうかはてなマーク
その発生メカニズム等はまだ解明されていません。

とすると、その意識が捉えている「自分」とは、何でしょうかはてなマーク
どれだけ確かなものと言えるのでしょうかはてなマーク

私たちが普段思う「自分」とは、
どこまでの範囲の事です
はてなマーク
意識が「自分」と思っているのは、
どこまでの範囲でしょうか
はてなマーク

はてなマークマークだらけになってしまいましたあせる
数回前の「スイスから」の記事で、

夢について言及しました。
私たちが睡眠中に見る夢は、
意識が構成しているわけではありません。
睡眠中、いわゆる意識は、お休みしているからですぐぅぐぅ

それでも、睡眠中にも、私たちは“機能”しています。
身体は活動をつづけ(心臓は動いていますし呼吸もしていま
す)、
夢も産出されます虹

その際活動しているのは、身体と脳、と言えるでしょうかはてなマーク
その指令を出しているのは脳でしょうかはてなマーク
眠っているとき「自分」という意識はありません。
とすると、機能しているのは、誰ですかはてなマーク

とすると、脳は「自分」であると言えるでしょうかはてなマーク
起きているときの脳の思考は少なくとも意識が追えるので「自分」。
しかし、寝ている間は?「自分」であると言えるでしょうかはてなマーク


さらに、最近、「腸は第二の脳」などと言われたりする通り、
腸には脳とは無関係に自律的に機能する神経細胞があり、
さらには、最初は脳内物質として注目された
セロトニンの80%は腸内で作られたりそこに存在したりす
ること、
その存在が精神状態に影響すること宝石ブルー

腸から脳に運ばれるものがある、ということが、分かって
きてます。

私たちが「自分」と思っているのは、
意識、なのか 脳全体なのか なのか それらすべてなの
か、
どこまでが「自分」なのでしょうかはてなマーク
「誰が」考えて、判断して、行動しているのでしょうかはてなマーク

更に追加すると、
腸内細菌という言葉も昨今耳にすることも少なくないです
が、
腸内細菌が無いと、セロトニンの合成が不可能とのことで
かたつむり
(腸内細菌がビタミンを構成し、それがないと、セロトニンが作れない)。


腸内細菌は、
人間の身体の中の栄養素で生きることができるわけなので

「勝手に巣食っている外部のもの

(他者、つまり、自分ではないもの)」とも言えますが、

しかし、人間が生きていくうえで重要な物質の一つである

セロトニンを構成するのに欠かせない、

私たちの“身体”の中にいる腸内細菌は、

「自分」の一部とも言えないでしょうか。

あるいは、腸内細菌という「他者」が私たちの中で、

私たちのために貢献してくれていることを
私たちは知って
いた、意識しているでしょうかはてなマーク

実は、「自分」と思っているものが、
どこまでの範囲で、
どこからが他者なのか、
それらを区別もしないで漠然と
考えているのは「自分だ」、
生きているのは「自分だ」、と思って我々は通常生活しています。
とくに、現在の人間の生活は、
「自分が」考えて判断して生きている、と
思い込みやすい時代です。

「お陰様で」という表現が日本語にはありますが、
そのお陰様は、家族や親友や同僚といった、

自分の外側に存在するおかげに因るだけではなくて、
腸内細菌のおかげであったり、
意識が休んでいる間にも機能を続けてくれている心臓や肺

のおかげであったりもするのです。
とすると、心臓や肺はある意味では、「他者」でもあるのです。
(ここで誤解していただきたくないのは、

 感謝しないといけない、とか、

 そういうことを言っているのでは全くなくて、

 (もちろん、「これは感謝しないではいられない」と思ったら

  そうしていただくのが良いかとは思いますが、その前にまず)

 事実を誤認しないようにすることが大事だ、ということです。

 「自分」の力、「意識」だけで生きていると

 勘違いしやすい時代に我々はあるので、

 「実際はどうなのだろう?自分だけで生きているのか?

  自分、って、なんだ?」と、
 知ろうとする姿勢、自分で考える、問を持つ、ことの

 重要性を記した、というのが、私の意図です)。
 

色々思いめぐらしてみていただけたら
このブログも少しはお役に立てたと、
冥利に尽きますチューリップピンク


さて、ブログ記事:スイスから、
残り、2回ビックリマーク



presented by
J戸越銀座クリニック

J品川クリニック