ストレスを力に変える言葉 ⑤

私たちの目には、他人のストレスは小さく見え、


他人の幸せはやたらと大きく見えることがあります目


これは赤の他人に限らず、近所の人や、同僚や、時には友人や家族など、


自分がよく知っているはずの相手に対しても当てはまります。(中略)



自分のことはよく分かっていても、


他人のことは表面的にしか分からないので、


私たちはつい、他人の表向きの姿と自分自身を比較してしまいます。(中略)




エレベーターで乗り合わせたり、


スーパーのレジに並んで挨拶したりする時には、


誰でも穏やかで落ち着いた様子に見えるでしょう。


何故なら、内面の苦しみは、必ずしも外面に表れる訳ではないからです。




このように、他人の苦しみは見えにくいため、周りの人たちと比べても、


やはりこんなに苦しんでいるのは自分だけだと思い込んでしまう汗のです。』




Writen by.ケニー・マクゴニガル

スタンフォードのストレスを力に変える教科書』


Presented by J戸越銀座クリニック



くじら