上手な目標の立て方~受験生の方に向けて!~

いよいよ受験シーズン到来ですねメモ


先日の土・日はセンター試験とのことで、今朝は電車の中で、ノートや単語帳の見直しをしていらしゃる受験生の方々にたくさんお会いしました。


本日は、受験生の方々へのエールを込めて、希望大学に合格するための、「上手な目標設定の仕方」をご伝授致しますアップ


合格

受験生の皆様はきっと、第1志望校、第2志望校、第3志望校……というふうに、志望校の設定をなさっていらっしゃることでしょう。

そして、これらの各学校の中で、どの学校の入試が一番緊張するかはてなマークと聞かれると、言うまでもなく「それは当然、第1志望でしょう!!」と答えられるかと思います。


当たり前と言えば当たり前のようですが、よくよく考えてみると、私たちは何故、そのように感じるのでしょうかはてなマーク

その理由はもちろん、一つではありません。

しかし、その理由の中に言われていることとして、私たちは無意識に、

あくまで第1志望校の試験が目標であって、それまでの第2志望校・第3志望校は、『肩慣らし』や『途中過程』に過ぎない」と考えるため、

その結果として、第2志望校・第3志望校は、緊張せず、リラックスして受験をすることができ、学力的な面だけでなく、心理的にも合格しやすくなっているのだそうです目アップ

この例から言えることは、「自分の最終目標(この場合は『第1志望校に合格すること』)を、何かの途中過程に落とし込むことにより、その目標がクリアしやすくなる」という事実ですひらめき電球ひらめき電球

ならば、ご自身の最終目標を、「第1志望校に合格すること」から右矢印「○○大学に入って、□□教授の下で研究をすること」といったように、その先の姿を強くイメージするのです。


そうすると、いつの間にか、「合格するのは、その大学で学ぶ為の必要最低限のことなんだよなぁ……」と、『途中過程』に落とし込むことができるようになっているのです音譜

もしもこの方法を、「初めて知った!!」という方がいらっしゃいましたら、今からでも、このイメージ法を取り入れてみては如何でしょうかニコニコ

Presented by J戸越銀座クリニックJ品川クリニック

ゼミ