分子栄養学…聞いたことありますか?

当院の栄養カンセリングは、分子栄養学をベースとしております。

分子栄養学とは、体の材料を補給することを考えた栄養療法です。

体の材料の60~70%が「水」です。

その次は、「たんぱく質」約16%で、

その次は、「脂質」約15%で、

その次が、「ミネラル」約5~6%で、

その次が、「糖質」約1%未満です。

*これらは個人差があります。一つの目安としてご参考ください。(成人男子の体組成)

 

お腹を満たす食事ではなく、身体の材料を補給できていますか?

 

J戸越銀座クリニックでは、ご希望の方に分子栄養学に基づく栄養カウンセリングを行い、患者様のお身体とお心が元に戻られることを応援しております。

 

Presented by J戸越銀座クリニック