2017年2月7日

漢方外来

心身一如という言葉があり、心と身体は一体です。
どちらか極端にバランスが崩れると、互いに影響を受け合います。

体調が悪くなれば心にも影響し、心が病み過ぎれば、身体ににも影響が現われます。
このように、心と身体は密接に関係しており、片方だけ良ければよいというものではありません。

Resonance(共鳴)効果という言葉があります。
漢方は、様々な生薬の組み合わせから出来上がっております。
各生薬には、それぞれ個性的な役割があり、それらを組み合わせることで、様々に異なった効果が現れます。
人の身体も生命体であり、生薬と生命体が共鳴することで改善に向かうことが考えられます。

漢方治療は東洋医学的な観点からその人の体質・体調に合わせて、処方や食事や生活を見直して、全体のバランスを改善していく治療法です。
保険が使えますので、安く処方できますのでお気軽にご相談ください。