夏はしっかり汗をかこう!

いよいよ関東でも梅雨明け間近という頃だと思います。

すでに夏日が続いており、寝苦しい毎日です。

これからは、本格的な暑さとの戦いが待っています。

暑さに負けない向日葵

しかし、日本の夏はどうしてこうも、湿気が多いのでしょうか?

もっとカラリと晴れて欲しいのに・・・。

ようやくジメジメの時期から解放されたと思いきや、

これからの時期にも、ゲリラ豪雨台風などの低気圧がつきものですね。

 

前回アーユルヴェーダのドーシャ(性質)について紹介いたしました。

梅雨はもちろんですが、ゲリラ豪雨や台風などの低気圧の時には、

このドーシャの一つ「カパ(Kapha)」が過剰になります。

水のエネルギーが蓄積され「重さ」や「だるさ」があらわれ

様々なエネルギーが「下向き」に働きやすくなります。

そして3つのドーシャ(性質/体質)のバランスが

崩れやすい時期でもあります。

 

例えば「雨」。

雨は「水のエネルギー」のため体が重だるーくなってしまいます。

 

そして「水のエネルギー」が強すぎると、

消化力の源である「火」の性質メラメラを弱めてしまうため

消化不良にもなりやすく

胃腸にも不調があらわれやすいです。

そして、これらの不調は「カパ(Kapha)」の支配部分ともいわれる

胸から上の部分、鼻や胸部にだるさや鼻炎などであらわれます。

 

身体に水分が蓄積してしまうと、胸を閉じ、背中も丸くなりがち

気分もふさぎこみ、うつうつしてしまいがちです。

そこでヨガではこの時期、大地のエネルギーを取りいれ

胸を開くポーズでカパゾーンを刺激し、

全身のめぐりを良くします。

 

体内に蓄積した「水」を出す=汗をかくことで

カパのエネルギー「地」「水」を上手にコントロールしていきます。

 

「汗をかくこと」は基礎代謝を上げ、自律神経のバランスや

ホルモンバランスを整えてくれます。

適度な運動で汗をかくことはココロにも身体にも良いことです。

 

しかし、私たちは早く結果を見たいがために

急に激しい運動をしたり、水分を制限したり。。。

極端な行動に走りがちです。

それではせっかくの運動もバランスを乱す原因になりますね。

柔軟剤のCM出演を狙うタレント

汗をかいたあとは新鮮なエネルギーを持つ「水」分をしっかり補い

上手に体内の水分エネルギーを循環させましょう。

 

そしてこの時期は「溜めこみやすく」もありますので

食事に気をつけ、暴飲暴食を避けましょう。

 

例えば 「冷たいもの」「甘いもの」「脂っこいもの」の量を減らし

「辛味」 「苦味」 「渋味」を取り入れ「焼く」「温かい」調理法の

食事をとるようこころがけると消化力や代謝もUPします。

かき氷を食べ過ぎて腹痛を抑えきれない男性

なるべく消化の良い食材を用いたり、スパイス唐辛子の効かせた食事で

身体の中の未消化物を排出し、ココロもからだも「身軽」に風船

適度な運動で、体内の蓄積した水分もコントロールし

ゲリラ豪雨や台風などの低気圧を快適に過ごしていきましょう。

 

J戸越銀座クリニックは、品川区にあるメンタルクリニックです。

皆さまの心と体のサポートをさせて頂いております。

「うつ病」などのこころの病で根本治療を希望される方はご相談下さい。

Presented by J戸越銀座クリニック