2017年2月26日

発達障害

※当院は、コンサータ錠適正流通委員会の登録医師として認定されております。

 当院では専門の医師との診察により、コンサータ、ストラテラ等の処方が可能です。

   その旨をご相談されたい患者様は、御電話での初診のご予約の際にお伝え下さい。

 

近年、『発達障害』という言葉が急速に注目をされています。

中でも『大人の発達障害』というものが周知されてきつつあります。

 

実は、発達障害には大きく3つのカテゴリーが存在します。

1つ目が『自閉(スペクトラム)症

2つ目が『注意欠如・多動性障害(AD/HD)

3つ目が『(限局性)学習障害(LD)』です。

 

この中の1つにカテゴライズされる方もいらっしゃられる一方で、

複数のカテゴリーの要素を含んだ病態を示される方も少なくはありません。

それゆえ、患者様の数だけ多様な病態があるとも言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 『自閉(スペクトラム)症』とは…?

 

自閉症(DSM-Vより『自閉スペクトラム症』『自閉スペクトラム障害』に名称変更)は、

主に次のような特徴を有しています。

 

・自閉的な孤立

・言われた言葉をオウム返しに繰り返す(反響言語)

・言葉の発達の遅れや歪み

・優れた機械的記憶力

・パターン化した行動を好む(常同行動・こだわり行動)

・いつもと同じがよく、変化するとパニックになる(同一性の保持)

・感覚の過敏性

 

この障害を持つ方は、程度の差はあれ、親御さんに

「うちの子は他の子とは何か違うような気がする…」

といった奇異な感覚を与えることが多く、

1歳児検診・3歳児検診・就学前検診などで、

自閉症であることを医師より伝えられる、というパターンが多くみられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、改定された『DSM-Ⅴ(精神疾患の診断・統計マニュアル 第5版)』からは、

より包括的に発達障害を診ていこうという観点により、

幼少期の症状を中核とした今までの診断基準から、

どの年齢でも用いることが可能なものへと変更されました。

 

これにより、最も多いとされる“正常に近いグレーゾーンの大人の発達障害”

についての診断がしやすくなった、とも言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 発達障害にはどんな『治療法』がありますか?

 

精神科や心療内科において、発達障害は「治療」していくことが可能です。

その方法として、まず「薬物療法(投薬治療)」が挙げられます。

 

具体的には、『二次障害』の症状(抑うつ症状・不安症状)を治療する為に、

睡眠導入剤、抗不安剤、抗うつ薬、気分安定剤などを使用し、奏功することがあります。

 

また、AD/HDの治療としては、集中力を補佐するために、

アドレナリンやドーパミンといった神経伝達物質を賦活していく

ストラテラ、コンサータといった薬剤の投薬がうまくいくこともあります。

 

コンサータは、AD/HDの治療薬として最も古くから用いられている薬剤ですが、

コンサータ錠適正流通管理委員会の登録医師でなければ、

法的に処方が認められておりません

当院はコンサータ錠適正流通委員会の登録医師として認定されておりますので、

安心した投薬治療を受けることが可能となっております。

 

また、これらの投薬治療と併行してのカウンセリングの実施も有効性が期待されています。