当院受診の流れ(2)

当院にお越しになる患者さんのほとんどは、電話でご予約いただいております。


もちろん、急患の方など、予約のない場合でもできるかぎり対応しておりますが、日によっては長時間お待ちいただくことになったり、予約外の診療がどうしても難しかったりします。


ですので、来院前にご予約いただくことをおすすめいたします。


そして、お電話の段階ではお名前とご年齢、お電話番号をおうかがいいたします。



当日ご来院いただいたら、まずは問診票にご記入いただきます。


問診票には、現在お困りの状況のほかに、これまでの精神科受診歴、ご自身の生育歴や体の健康、家族関係など、さまざまな事柄を書いていただく欄があります。


患者さんの中には

「こころの病気のことで来たのに、体の病気のことを聞かれるとは思わなかった」


「私が生まれた時のようす(安産であったか、など)と今の私のこころの問題、どう関係があるの?!」


などとおっしゃる方もいますが、このように、心の病気の治療は、さまざまな視点から考え、組み立てていきます。



(とは言っても、


「自分が小さかったころのことなんて、分かんないよ~」


「お医者さんとは言え、初対面の方に、まだここまでは教えたくないんだけど…」


という方も、ご安心ください。


この時点で書ける部分、書いてもいいと思われる部分だけ教えてくだされば、結構です。)



問診票をお書き頂いた後は、いよいよお医者さんによる診察となります。


(場合によっては、その前に臨床心理士等による問診が入ることもあります。)