抑うつ気分と体調と「湿度」の関係性

関東地方では、7月下旬になって、ようやく梅雨明け宣言がなされましたヒマワリ


しかし、まだ夕方から激しい雷雨雷に見舞われたり……と、


中々夏らしいカラッとした陽気に恵まれないのが残念なところですしょぼん汗



特に、梅雨明けしたにも関わらず、


夕方~夜にかけて激しい雷雨雷に見舞われるため、


朝・昼の晴天晴れからの打って変わっての天候変動が、


起こりやすくなっていると言えるでしょうビックリマーク



そんな時は、もちろん「気温」も一気に変化します。


雨に降られて、急に肌寒くなった…といったようにです。


そして、それと同時に、「湿度かさ」も急激に変化しますダウン




実は、抑うつ症状やイライラ感、


身体の倦怠感等の症状をお持ちの患者様にとって、


湿度の急激な変化」、あるいは、


不安定な気圧」というものは、


かなりの部分で、体調に影響を及ぼしているのですカゼあせる




私たちは日頃、


「天気予報テレビ」で、「気温」をチェックするのと同じ位には、


恐らく、「湿度かさ」へは注意を払っていないのではないでしょうかはてなマーク




もし、ご自身の体調が、湿度に影響を受け易いタイプの方だった場合、


部屋の中の上手な除湿ドアや、


外出する時間を、気温だけでなく、湿度で決めてみる…ベルといった、


ちょっとした工夫で、


今の季節を過ごし易いものに変えることが出来るかもしれませんねニコニコラブラブ



Presented by J戸越銀座クリニック&J品川クリニック


nizi