松下幸之助の言葉Ⅵ

『今の世の中が、



荒野の如く荒れ果て枯れ果てているとは



敢えて言わないが、



それでもこの難しい時代に、



人々の心は次第に落ち着きを失って、



索漠たる気配が感ぜられぬこともない。





お互いに手をつなぎ、



助け助けられながら生きねばならぬ



この世の中である。



人の心が砂漠の如く荒れ果ててはたまらない。





せめて我々だけでも、



清らかな泉のように、



毅然たる一輪の花のように、



強く正しく働いていこうではないか。





……花のように。泉のように。



そこに我々の喜びもある。』



by.松下幸之助著『道をひらく』より



Presented by J戸越銀座クリニック&J品川クリニック



花2