胃腸の調子を整える「ハーブの王様」~バジル~

本日ご紹介するハーブティーは、

胃腸や消化器の不調を整える作用がある「バジル・ティー」ですクローバー


J戸越銀座クリニック&J品川クリニック-母の日



バジルは、ハーブの中では、初心者にも非常に育て易く、

かつ、様々なお料理のアクセントとして使えるため、

お料理の薬味として、ご自宅で育てられている方が大勢いらっしゃいますチューリップ紫



しかし、そのように私たちに身近なハーブのひとつであるはずのバジル


身近であったがゆえに、

バジルってお茶にもなるの!?

…と驚かれた方も、きっと大勢いらっしゃっることと思います。

バジルのお茶(バジル・ティー)は、

爽やかな中に甘みが感じられる香りがあり、

やや刺激のあるピりッとした味わいが特徴ですニコニコ音譜


J戸越銀座クリニック&J品川クリニック-バジル1

バジル・ティーには、消化を促進し、

腹痛や吐き気を抑える効果が期待できますので、

胃腸の弱い方や、消化器系の不調を抱えていらっしゃるには、

ピッタリの一品でしょうひらめき電球



加えて、腸内のガスを減らし、

お通じを良くする効果もあると言われており、

お腹が張って痛い時などに、

ゆっくりと少しずつ飲むと、徐々に痛みが治まってくるそうですラブラブ



消化器系の調子を整える作用があるハーブティーとしては、

このバジル・ティーの他に、


カモミール・ティー 、シナモン・ティー、ジンジャー・ティー、

ダンディライオン・ティー が、

その代表格として知られていますコーヒー




また、バジル・ティーのスパイシーな味わいが刺激となり、

気分をリフレッシュさせてくれますので、

イライラする時や、疲れた時、気分転換がしたい時に飲むのもおススメですッチョキアップ



J戸越銀座クリニック&J品川クリニック-リラックス




バジル」という名前は、ギリシャ語で「王様」という言葉から派生しています。

つまり、「王様」と呼ばれるに相応しいほど、ポピュラーであり、

かつ、「重要なもの」と見なされていたことが想像できます。



この語源のせいもあり、いつの間にかバジルは、

ハーブの王様」とも呼ばれるようになりました王冠1




食材としてのバジルの用途の多様性は言うまでもありませんが、

ハーブティーとしてもなお、多くの人々愛飲されていることを考えると、

ハーブの王様」という呼称は、もっともなのかもしれませんねドキドキ



Presented by J戸越銀座クリニック J品川クリニック


J戸越銀座クリニック&J品川クリニック-イタメシ