"苦悩"とは?②~V.E.フランクルの言葉より~

『苦悩を志向できるためには、


私(=フランクル)は苦悩を超越しなければなりません。



言い換えれば、


苦悩を志向し、有意味に苦悩することが出来るのは、


何かのため、誰かのために苦悩する時だけなのです。



つまり、苦悩が、意味で満たされるためには、


自己目的であってはならないのです。


“意味に満ちた苦悩”とは、


「何々のための苦悩」なのです。



私たちは苦悩を受容することによって、


苦悩を志向するだけでなく、


苦悩を通り抜けて、


苦悩と同一ではなに「何か」を志向するのです。


私たちは苦悩を超越するのです。』



by.V.E.フランクル著『苦悩する人間』より引用



Presented by J戸越銀座クリニック


hu