2017年2月7日

Jメンタルヘルス栄養学

こころと身体の回復プログラムとダイエットプログラム

心療内科、精神科で栄養指導?と思われるかも知れません。
しかし、心と体は一体であり、お互いに影響し合っています。

例えば、身体の不調が続いたりするうちに、やる気が出なくなりうつ病になってしまうこともあります。また、心に悩みを持ち続けていることで、身体にも影響を及ぼし、体調を崩してしまうこともあります。

Jメンタルヘルス栄養学とは、いわばオーダーメイドの栄養学といえます。
あなたの細胞に栄養を届ける栄養学*に基づく栄養指導と、心のケアを組み合わせた、当院オリジナルのサポート!

こころと身体の回復をはかるには、食事をおいしくいただくことと、栄養バランスがとても大切です。当院では、この2つの課題を解決する方法として、分子栄養学による食事のアドバイスを行っています。

メンタルヘルス栄養療法とは
食事と栄養素による、心と体に優しい治療法です。
薬だけに頼らない、自然治癒力の向上をめざした根本治療を提案します。

Jメンタルヘルス栄養学は、通常の栄養学(カロリー栄養学)と異なる点が2つあります。

一つは、通常の栄養学の場合、特定多人数を対象としています。給食管理という分野で、多くの人々が病気にならないよう最低限の健康を保つよう設計された栄養管理です。
二つめは、通常の栄養学の場合、食事にフォーカスしている点です。食べものが現代のように豊富ではない19世紀に発見されたカロリーという概念は、いかに少ない食べ物から効率よくカロリーを補給するかについて考えられた栄養学です。
 

Jメンタルヘルス栄養療法では、一人ひとりの栄養状態を問診と血液検査により把握することで、より健康になるための栄養補給のご提案が可能です。
あなたの細胞に必要な栄養を届けるだけでなく、心のサポートにより更に効果的に補給された栄養を身体に満たす指導が可能です。

例えば、現代人は鉄が不足がちだと言われますが、カロリー栄養学の目安は10.5mg/日(18歳~29歳女性・有経)と決められています。しかし、鉄は成人女性の場合特に変動が大きく、またストレスや運動、成長過程により消耗されやすいため、人によってとても差が出やすい栄養素です。10.5mg/日で足りる人もいれば、10.5mg/日では足りない人もいるということです。その上、多様化している現代の食生活において、上記の必要量すら補給できていない場合が多々見受けられます。

例えば、こんな症状ありませんか?
□朝、起きられない
□すぐに疲れる
□片頭痛がひどい
□イライラする
□集中できない
□体がだるい
□元気がない
□すぐにキレる
など等、こころの病気ではないかと思われるこれらの症状も、貧血原因で起こる可能性もあります。

当院のJメンタルヘルス栄養療法は、一般的な貧血検査であるヘモグロビンや血清鉄にとどまらず、潜在的な鉄欠乏を見つけることができるフェリチン値を把握することも可能です。さらに、身体の状態や食生活を問診にて把握させていただくことで、患者様の生活に合わせた具体的な栄養補給のアドバイスをいたします。

おなかを満たす食事では、身体と心の材料である栄養素を補えていない可能性があります。
心と体を満たす食事で栄養を補給することで、本来のあなたが輝きはじめます。

3か月で体質改善
こころと身体の回復プログラム
輝きを取り戻す“メンタルヘルス栄養学”の力で
こころと体の回復プログラムとダイエットプログラム

<プログラム内容>(予約制)原則として採血必須です。
2週間に一度、バイタルチェック(身長(初回のみ)、体重、血圧、体脂肪率、体内年齢)とカウンセリングを6回行う3か月コースです。

1か月目:関心を引き出し、知識をお伝えします。

2か月目:行動を観察していきます。

3か月目:気づいてもらい、そして意識を積み重ねます。

4か月目以降:習慣になり、無意識に行動しています。

痩せる習慣が無理なく身についている!
*初回の前に可能な範囲で当院での採血をお済ませ下さい。難しい場合は他院での採血結果や健康診断結果などをご持参頂いても構いません。(要検討)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ダイエットプログラムについて
・2週間に一度管理栄養士による45分間、ダイエット指導
・3か月のプログラム(合計6回コース)
・3か月後、さらに3か月間の延長が可能

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
<申込み方法>
担当医にご相談の上、受付までお申込み下さい。
*お申し込みの際に、問診表をご記入いただきます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

・痩せるだけでなく、アンチエイジングを目指しましょう。

カロリー計算でのダイエットは、やつれて、元気がなくなり、結局リバウンドの繰り返し…。
当院のメンタルヘルス栄養学に基づく体質改善ダイエットプログラムは、採血データと問診表で現在の状況を把握した上でダイエットプログラムをご提案します。
一人でダイエットするには限界がありませんか?
管理栄養士と一緒に経過を確認しながら、ダイエットを進めることができるので、安心してダイエットを継続することができます。身体の材料を補給するダイエットプログラムです。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
<プログラム内容>(予約制)原則として採血が必須です。
2週間に一度、バイタルチェック(身長(初回のみ)、体重、血圧、体脂肪率、体内年齢)とカウンセリングを6回行う3か月コースです。

1か月目:関心を引き出し、知識をお伝えします。

2か月目:行動を観察していきます。

3か月目:気づいてもらい、そして意識を積み重ねます。

4か月目以降:習慣になり、無意識に行動しています。

痩せる習慣が無理なく身についている!
*初回の前に可能な範囲で当院での採血をお済ませ下さい。難しい場合は他院での採血結果や健康診断結果などをご持参頂いても構いません。(要検討)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ダイエットプログラムについて
・2週間に一度管理栄養士による45分間、ダイエット指導
・3か月のプログラム(合計6回コース)
・3か月後、さらに3か月間の延長が可能

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
<申込み方法>
担当医にご相談の上、受付までお申込み下さい。
*お申し込みの際に、問診表をご記入いただきます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ダイエットについて

・効果的な糖質制限も、やり方を間違えるとかえって太りやすい体をつくることになります。
・糖質を制限しただけの食事は、エネルギー不足で筋力を消耗することになり、太りやすい体を作ることにつながります。
・3大栄養素である糖質を制限すると共に、何を補給すべきか知っておく必要があります。
・糖質制限における弊害も、管理栄養士の指導により安心、安全に糖質制限によるダイエットを行うことが出来ます。
・体内年齢を測定することができる体重計で、ダイエットの経過を観察していきます。
・痩せるだけでなく、アンチエイジングを目指しましょう。
ダイエットプログラムの特徴
・分子栄養学に基づくダイエットプログラム
・エネルギー源でしかない糖質をコントロールすることで、ダイエットが可能。
・段階を経て、少しずつ糖質をコントロールしていくため、無理がない。
・カロリーを制限する必要がないので、ダイエットしながら満足感を得ることができる
・細胞の材料を補給しながらダイエットするため、健康を保ちながら痩せることが可能
・問診票により、あなたのダイエットの強みと弱みを分析
・継続したくなる、無理のないダイエット指導を心がける
・継続的な支援により、一人で不安や悩みを抱え込まずに続けられます。
・現実的に可能な目標を設定します
・食事だけでなく、エクササイズや痩せる生活習慣について指導

・効果的な糖質制限も、やり方を間違えるとかえって太りやすい体をつくることになります。
糖質を制限しただけの食事は、エネルギー不足で筋力を消耗することになり、太りやすい体を作ることにつながります。
・3大栄養素である糖質を制限すると共に、何を補給すべきか知っておく必要があります。
・糖質制限における弊害も、管理栄養士の指導により安心、安全に糖質制限によるダイエットを行うことが出来ます。
・体内年齢を測定することができる体重計で、ダイエットの経過を観察していきます。
・痩せるだけでなく、アンチエイジングを目指しましょう。