身体の語りシリーズ(3)

本日のキーワード、


メラトニン 光 15時間  です。



メラトニンは、脳内のホルモンの一つ。


睡眠ホルモンとも言われます。



朝、光を浴びる晴れ虹


すると、


約15時間後にメラトニンは分泌されます時計



睡眠ホルモンともいわれる メラトニン は、


人が眠りにつきやすくする作用があります。



天然の『睡眠導入剤』(睡眠薬) ですビックリマークぐぅぐぅ



朝、光を浴びること、大事です


また、夜遅くまで、光を浴びていると、


脳が昼間と勘違いして、


メラトニンが分泌されにくくなりますガーン



脳さんからまたメッセージが届いています手紙



『朝は光をたっぷり浴びてね。


 目から光が入ってくると、ボク(脳)は目覚めよ。


 そして、15時間後を計算して、


 メラトニンにお願いして、みなさんを眠りに誘ってもらうんだ。


 夜になったら、あまり光の刺激の強い環境にいないでね。


 テレビや蛍光灯は消して、


 間接照明の光の中で・・・自然な眠りにつけるように音譜』。








presented by

J戸越銀座クリニック


J品川クリニック