食べ物からの冷え予防~ねぎ~

前回、冷えを予防する飲み物(お茶)についてを書かせて頂きました。

今回は、冷えを予防する食材の一つ、『ねぎ』の効能についてをご紹介致します♪


冷え症には「温・辛」の性質をもった食べ物が良いとされており、その代表格が『ねぎ』なのです。

漢方では、ねぎの白い部分を「葱白(そうはく」と呼び、れっきとした漢方薬 として用いられています。

J戸越銀座クリニック&J品川クリニック-negi
」の食べ物には、肺や大腸の働きを高める作用がありますので、

身体に抵抗力をつけ、寒気が身体に侵入するのを防ぎます。

その上、「」の性質も働くので、身体の芯からポカポカと温めてくれるのです。

冷えの予防のために、ねぎをお味噌汁等にたっぷり入れて、積極的に取るようにしては如何でしょうか?


また、ねぎの仲間の『玉ねぎ』も、同じく「温・辛」の性質を持っていますので、

ねぎが苦手な方は、玉ねぎ使ってみて、冷えの予防効果を体験してみて下さい☆

冬のつらい冷え症に漢方薬を試されたい方は…

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

心療内科・精神科・漢方内科

医療法人社団ヘルメス会 

J品川クリニック


Tel:03-3786-7772

心療内科・精神科・漢方内科

医療法人社団ヘルメス会 

J戸越銀座クリニック


Tel:03-3781-3213

J戸越銀座クリニック&J品川クリニック-su-pu