松下幸之助の言葉Ⅱ

『どんな仕事でも、 それが世の中に必要なればこそ成り立つので、 世の中の人々が求めているのでなければ、 その仕事は成り立つものではない。 人々が街で手軽に靴を磨きたいと思うからこそ、 靴磨きの商売も成り立つので、 さもな[…]

松下幸之助の言葉Ⅰ

『失敗するよりも成功した方が良い。 これは当たり前の話。 だが、三べん事を画して、三べんとも成功したら、 これはちょっと危険である。 そこから、その人に自信が生まれ、確信が生じて、 それがやがては、 「俺にまかせておけ」[…]

『P.F.ドラッガー』の言葉ⅩⅣ

『専門家にはマネジャーが必要である。 自らの知識と能力を全体の成果に結び付けることこそ、 専門家にとって最大の問題である。 専門家にとっては、コミュニケーションが問題である。 自らのアウトプットが、他の者のインプットにな[…]

『P.F.ドラッガー』の言葉ⅩⅡ

『マネジャーたる者は、 上は社長から下は職長や事務主任に至るまで、 明確な目標を必要とする。 目標がなければ混乱する。 目標では、 自らの率いる部門が挙げるべき成果を明らかにしなければならない。』 by.P.F.ドラッガ[…]

『P.F.ドラッガー』の言葉ⅩⅠ

『組織には、それ以上では存続できないという 最小規模の限界が産業別・市場別に存在する。 逆に、それを超えると、 いかにマネジメントしようとも、 繁栄が続けられなくなるという 最大規模の限度も存在している。 ……市場におい[…]

『P.F.ドラッガー』の言葉Ⅹ

『あらゆる組織が、事なかれ主義の誘惑にさらされる。 だが、組織の健全さとは、高度の基準の要求である。 自己目標管理が必要とされるのも、 高度な基準が必要だからである。 成果とは何かを理解しなければならない。 成果とは、百[…]

『P.F.ドラッガー』の言葉Ⅸ

『成長には準備が必要である。 いつ機会が訪れるかは予測できない。 よって、準備しておかなければならない。 準備が出来ていなければ、 機会は去り、他所へ行く。』 by.P.F.ドラッガー著『マネジメント』より Presen[…]