C.R.ロジャーズの言葉Ⅴ

『信頼されるためには、 頑なに一貫した態度をとるのではなく、 信頼に足るほどに“リアル”であるjことです ……相手に隠し立てなくリアルであることこそが、 実は、自分にとっても、最も安全なのです』 by.C.R.ロジャーズ[…]

C.R.ロジャーズの言葉Ⅳ

『私(ロジャーズ)にとって、 学習を進めていく上で、最良の、 しかし至難の方法は、 一時的にでも、自分自身の“防衛”を取り去り、 その人の経験がその人に、どのように思われ、 どのように感じられているかを、 理解しようとす[…]

C.R.ロジャーズの言葉Ⅲ

『人生において、最良の状態とは、 流動的で、変化し続けるプロセスであり、 静止しているものは一つたりともないのです』 by.C.R.ロジャーズ(カウンセリングの生みの親) Presented by J戸越銀座ク[…]

C.R.ロジャーズの言葉Ⅱ

「“私”が知ることの出来る唯一の現実は、 “いまこの瞬間”において、 “私”が知覚し、経験する世界そのものなのです」 by.C.R.ロジャーズ(カウンセリングの生みの親) Presented by J戸越銀座ク[…]

A.アドラーの言葉Ⅸ

私たちは、 見ること、聞くこと、話すことにおいて、 他者と結びついています。 そして、人は、 外界に関心を持ち、 他者と結びついている時にだけ、 正しく見、聞き、話すことが出来るのです by.A.アドラー Present[…]

A.アドラーの言葉Ⅷ

劣等感、不確かであること、不完全であることは、 人生においては、 「目標」を設定することに繋がり、 「目標」を形成することを助けます そして人生とは、 「目標」を達成しようとすること、 あるいは、 「目標」に具体的な形を[…]

A.アドラーの言葉Ⅶ

私たちは皆、ある程度には、 「劣等感」を持っています。 何故ならば、 それは、「向上したい」と思える状況にあるからなのです by.A.アドラー Presented by J戸越銀座クリニック