ADHD~その症状と理解~

皆さんは、注意力が持続しなかったり(=不注意)、

順番が待なかったり、しゃべりすぎてしまったり(=多動性)、

思い立ったら直ぐに行動しないと気が済まなかったり(=衝動性)

……というご経験はありませんか?

 

これらのことは、多かれ少なかれ、

皆さんご経験がお有りかと思いますが、

これが子供のころから継続的に見られ、

社会的・学業的・就業的に、直接悪影響を及ぼす程である時には、

ADHD(注意欠陥多動性障害)という診断名がつくことがあります。

 

この特性を持ちながらの日々の生活は、色々困難が付きまといます。

 

子供の頃であるならば、学校で先生に叱られることは多いですし、

大人になってからでも、

上司や同僚から不真面目に見られがちであったり、

衝動的に職業を変えてしまいたくなったり、

また相手のペースに合わせることも苦手なので、

コミュニケーションも独りよがりになりがちで、

人間関係のトラブルも抱えやすい特徴があります。

 

必ずしもこの診断名がつくほど症状が重くない方でも、

こういう特性が見られる場合、

見られない方よりも日々の生活で不適応を起こしやすく、

よってストレスも溜まりやすくなります。

その結果、抑うつ症状、中にはうつ病を発症される方もいます。

 

もしこのような傾向が思い当たるとき、

まずは自分の特性を客観的に受け止め、

その特性に応じた工夫をしながら過ごしていくことが大切です。

 

当院では、ADHDの診断はもちろんのこと、

必要に応じて、それらの症状を緩和するための投薬もあります。

また必要に応じて、カウンセラーが寄り添い、

日々の工夫や、ストレス対処法について一緒に考えていきます。

どうぞお気軽にご相談下さい。

 

Presented by. J戸越銀座クリニック