C.R.ロジャーズの言葉Ⅹ

『判定とか、評価とかを抜きにした関係を続けることが出来るにつれて、


相手は、評価の主体、責任の中心が自分自身の中にあることを、


認められるようになってきます。



そうすることで、相手を、


自分で自分の責任を取れる人間としての方向性に、


向かわせることが出来るのです。』



by.C.R.ロジャーズ(カウンセリングの生みの親)



Presented by J戸越銀座クリニック


責任3