好奇心と自助努力

【好奇心について】   今の日本の繁栄の礎となった書物に、明治時代の2冊の本が挙げられる。 1つは義務教育でも教えてもらい、だれでも知っている「学問のすすめ」である。 慶應義塾の創始者の福沢諭吉先生の著作。 も[…]

◇◆ 涙のちから ◆◇

最近、泣きましたか 映画や本で感動した時、 また近しい人の不幸で悲しくなった時、 または仕事や家族の世話で辛さ限界の時・・・ 美しい光景に出会い、ほっとした時なんかも 自然と涙が出ることもあります。 涙には私たちの心や体[…]

◇◆ 自分の癖<その2> ◆◇

前回「自分の癖」では物や行動に関しての書きました。 今回はこころの「癖」についての続きとなります。 こころの「癖」=こころの「習慣」とも感じます。 以前、皆さんの意見では・・・ 「必要以上に心配性である」 まだ何も起こっ[…]

◇◆ 自分の癖<その1> ◆◇

先日「自分の癖」についてお話しする機会がありました 私も日頃「あーまたしてしまった…」などの悪いと わかっていてもしてしまう事いっぱいあります(;^_^A 決まって「意志が弱いなー」とか「自分に甘いなー」と 思いつつ、繰[…]

桜とねこ

今日は連日と比べて肌寒い日となりました。 が、近所では満開の桜の木を見つけました しかも、通りの反対側では散り始めている木も… 桜の開花情報によると3月上旬からの気温の上昇と 寒の戻りがないそうで、各所で記録的な早さだそ[…]

うつ病について(最終回)

うつ病 について(最終回) うつ病 になってしまったら・・・・・ うつ病は、治る病気です 病気と上手に付き合っていくことで、「こころ」と「からだ」を十分に休養させることがとても重要です うつ病 との上手な付き合い方は ①[…]

うつ病について(9)

うつ病 について(9) 抗うつ薬の主な副作用の症状には、昨日は、抗うつ薬の働きと種類についてお話ししました。 従来の抗うつ薬は副作用が多く、SSRI・SNRI・NASSAの抗うつ薬は、比較的副作用が少ないと言われています[…]

うつ病について(8)

うつ病 について(8) さまざまなうつ病 の症状を医学的に説明すると・・・・ 脳の中で気分や意欲に関わる働きをする「セロトニン」と「ノルアドレナリン」という物質が減ってしまうことで、うつ病が起こると考えられています。  […]