五反田、品川 心療内科、精神科、漢方内科/J戸越銀座クリニック

     
初めのかた電話番号 電話番号  
Q / A
プライバシーポリシー
カウンセリングについて
サイトマップ
 
地図・心療時間
カウンセリングについて
とある品川区の心療内科スタッフブログ
からだネット
 
産業医
 
ホーム > その他 > Q / A
 
 
冷え性、便秘、肩こりで悩んでいます。メンタルクリニックで治療できますか?
 
心と身体は一体です。どちらが欠けてもバランスがくずれ、病となる事が多くあります。
  悩みのない人はいないと言ってよいでしょう。
様々な心の作用により冷えや便秘、肩こり、頭痛など、どこが悪いということでもないのに不調を訴える方は多いものです。漢方薬で改善する事もあり、保険診療で処方できます。お気軽にご相談ください。
 
不眠、食欲不振などでも治療できますか?
 
不眠や食欲不振は人によって様々な原因が考えられます。
  医師の問診などにより、その原因を特定し適切な治療を行います。
この判断を誤ると、その治療の効果はあらわれません。
したがって、心の専門医に相談されることはとても大切です。
 
睡眠薬は癖になりますか?
 
薬の依存性に関してだと思いますが睡眠導入剤では作用時間が短いものほど依存性が強くなりやすい
  と言われています。
しかし、症状の改善や本人の自信の回復に応じて薬を減らしたり中止する事は可能です。その際にいくつか方法がありますので専門の医師の指導に従ってください。
その他の薬に関しても、同様のことが言えますので、お気軽にご相談ください。
 
うつ病はどのように治療しますか?
 
人によって、うつ病にも様々な特徴があります。他の病気を合併している事もあります。
  ですから、常に同じ薬を使うわけではありません。
例えば(物忘れ)が原因であったり身体疾患を合併していると使えない薬もあります。場合によっては薬による副作用を緩和するため漢方も使用致します。
したがって、心の専門医による適切な診断は非常に重要です。
まずはご相談ください。
 
認知症はどのように治療しますか?
 
アルツハイマー型認知症(ATD)の主な症状である物忘れに関しては
  症状の進行を遅らせる治療は可能です。
認知症に伴う症状として、不安、うつ、幻覚妄想、徘徊、奇声などがあります。それに対して様々な薬があり漢方薬の処方も行われ改善される事も多くあります。

脳血管性認知症(VD)では、発症前の予防が大切です。
高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙などのリスクを減らさなければなりません。物忘れに関してはATDと同様です。

施設に行けず、ご自宅で問題をかかえている、ご家族が多いと思います。
ご家族の方だけでも、ご来院ください。

 
産業医って何ですか?
 
産業医とは、経営側と一緒になって働く人の生活の質を高めるようにしていく医師のことで
  従業員50名以上の事業所では法令に基づき設置が義務付けられています。
労働者の労働災害やメタボリック(生活習慣病など)を防止するために国が定めた法律です。
働く環境が向上される事により仕事の質も高まり「従業員のモチベーション」も向上し働く側、経営する側、双方にとって、よりよい効果をもたらせるようアドバイスいたします。
特に私の場合は精神科の「産業医」として近年問題となっている過重労働者のメンタルヘルス(うつ、不眠、不安などの心の病)について多くの方々と面談し助言を行っています。もちろんプライバシーも配慮しておりますので、ご安心して、ご来院ください。
 
△ページトップへ
 
ホーム診療内容地図・診療時間院長紹介クリニックのご紹介お問い合わせQ/Aスタッフ募集サイトマッププライバシーポリシー
TEL 03-3786-7773 〒142-0051 東京都品川区平塚1-8-20 美和ビル3F|リンク集
COPYRIGHT(C) 2008 J戸越銀座クリニック. ALL RIGHTS RESERVED.