Who are the Fukushima 50?

自衛隊特殊化学防護隊の隊員たちは志願者です。

しかも年齢は55歳からうえ、もう子育ても終わりに近づいて思い残す事は無いと志願者となったようです。


その様な志願者が50名。

時事通信社の記事があります。

東電が全国の電力会社、協力企業に助けを求めました。

志願者です、決死隊として原発の内部作業をする原発関係者のベテランを募ったのです。


中国電力の原発勤務40年というある男性が、この作業は自分達のようなベテランがやるべきだ、自分は定年まで後一年であるし、子育ても終わったとして、志願したそうです。


ご家族は静かに思いを語る、自分の夫、父親の決意に何も言えなかたそうです。

その方の娘さんは,今までと違う父のもの静かな顔を初めて見たそうです。


志願者20名


翌朝、いつも出勤する時のように、じゃあ、いってくる、と言って玄関を出てたそうです。


原発での作業中、放射線被爆があります。国が定める限界被爆単位100ミリシーベルト。それが250ミリシーベルトになりました。


何故なら、彼等が望んだからです。


100ミリシーベルトではすぐ時間が経ってしまい数分では作業ができない。だから国に250に上げてくれと。


その為の被爆量は覚悟の上なのです。


そのおかげで、昨日、あと一歩で臨界点と言う所で臨界が止まったのです。


もし臨界点に達していたら、私達は今、この時を、この時間を過ごしていません。


家族と恋人と仲間、友人とこの時間が無かったかもしれないのです。


半径300キロ生物の生存率は、限りなくゼロに近かったんです。


今のこの時間は彼等のおかげなのです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


以上、転送いただいたものです。


今後の作業の安全が守られ、一日も早い終息をお祈り申し上げます。


みんなで祈ればきっと成功し復興への道が始まることと思います。


私たちにできることは 彼らへの感謝と祈り、そして彼らの任務に応えられる行動と思います。


J戸越銀座クリニック、Jカウンセリング

























::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


  <転送された来たものです>